上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1ヶ月ぶりにゴスペルの練習に行った。
2月以降、まずは体調が戻ってからと、
‘歌わず、読まず、語らず’で過ごした。
自分自身の調子を予測できないところがこわいのだが、
1ヶ月以上の冬眠でかなり復調したと自分では思っている。

行ってもいいのかかなり迷った。
でも本当のところ、ずっと歌いたくて仕方がなかった。
寝ていても、練習の時間には夢の中で発声練習や後片付けをしていた。

「ウタイニイキタイ…」
そう思うままに、久しぶりに練習に行った。
音楽室の外のドアを開けると先生の笑顔が、
内側のドアを開けるとYさんの笑顔があった。
嬉しくて…これを書いている今でも涙腺が緩んでいる。
歌えることはしあわせです。
スポンサーサイト

【2006/03/23 23:43】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。