上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昨日から近くの学校にて、子どもに関する会議が開催されていた。
今日はその分科会、体育館でわらべうたと読み語りがあり参加した。
9時集合だというのに、目が覚めたのは8:55!
前々夜の睡眠が3時間、昨夜は2時間。
つまり横になったまま今朝の7時頃まで眠れずだった。
「徹夜は辛いから1時間だけでも眠ろう…」
これが大きな間違いで、結局遅刻。
私が会場に着いた時には既に打ち合わせ終了。
10時からはぶっつけ本番となった。

しかしそこは会の方のリードが素晴らしく、
私は会の皆さんと共に大声でわらべうたを歌い手振りをした。
初めての方々がそれを覚えて楽しんでくれれば
今日の参加の目的を何とか果たせる。
参加してくれた子どもたちは覚えるのがとても早い。
覚えたわらべうたはすぐに大きな声で歌ってくれる。
そして鬼ごっこでは逃げ回り、よく走ること!
私も小さい頃こうして遊んだなぁ……
と気を抜いたスキに鬼につかまってしまった。
最後にペープサートで‘さよならさんかく’をした。
その最後の言葉が
♪でんきは ひかる
 ひかるは おやじの はげあたま (こらぁ!)♪
最後の「こらぁ!」を大声で言ったとき、
偶然にも、うたのことば通りの男性が通りかかり、
「こらぁ!」でこちらを振り向かれたのだ。
もう、笑いをこらえきれなくて……ごめんなさい!

持ち時間が終了したあと、
大人の方も「楽しかった!」と言ってくださった。
会合に参加したいと言ってくださった方もいた。
すぐにその場で友だちになれる、わらべうたには不思議な力がある。

昼食をはさんで、午後はおはなし。
手袋人形、絵本の読み語り、素語り、など。
毎日子ども達のいる現場で仕事をされている皆さんの語りに
私もその日の立場を忘れて惹きつけられた。

楽しいひとときでした。
スポンサーサイト

【2006/03/12 23:36】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。