上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年の年賀状の殆どを1月2日に書いて投函した。
なので送付先には今週到着。

一昨年の秋に祖母が亡くなったため、
昨年の年賀状は出さず、喪中はがきに(7月に転居しました)と記して
現在の住所で前の苗字で送った。
なので、夫婦で転居したものと思っていた人もいた。

今年の年賀状でみんなに、離婚したことも、
旧姓に戻ったことも全てお知らせすることになった。
それを見た数人から、電話、FAX、メール…etc.
「いやぁ~元気な声聞かせてくれて嬉しかったわぁ~」
「無理しないでボチボチしいや~」
「‘アラフォー’の勢いでやり過ごしてください」
「何でまた○○になっちゃったのさ、いつ?」
「きっとバリバリ仕事しているのでしょう」

事実を話したいが、最後まで言えなかったのは
大学時代のクラブの同期のみんな。
全員、私と前夫のことを一番よく知っている。
そりゃあ、前夫とはクラブ員全員の前で告白されて始まったのだから
知ってるも何もあったものではない。
それでも彼女たちはあたたかいコトバをいっぱい送ってくれた。

みんな、どうもありがとう。
あとは上を向いていくのみ。
きっとダイジョウブ…
スポンサーサイト

【2009/01/06 23:26】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。