上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週予約を延期した歯医者さんに行った。

その歯科は、前の前に住んでいた近所。
転居して、新しい歯科を探したりもしたけれど、
やっぱり前に通っていたところがとても良くて、
片道1時間半、いくつもの川を越えて県境を越えて、遅刻して…
遅刻したにもかかわらず「何度も通うのは大変だから」と
診療時間を過ぎても診てくれた。
最近、職場の昼食時に「あっさり抜歯された」という人の話を聞いて、
私の場合は抜かれてもおかしくない歯を温存してくれたなぁ、
ありがたいなぁ、と思っていたところ。
親切でちゃんと診てくれる歯医者さん、意外と少ないみたい。

診療が終わってから、そこに勤めるお姉さんが夕食に誘ってくれた。
2週も続けて週末に一緒に夕食をともにできる人がいるなんて、とても嬉しい!
そういえば、私が離婚してからゆっくり会うのは初めてだった。
それで「大海原に一人手漕ぎボートで船出したようなもの…」という話になった。
日々の生活に追われている人から見れば、どこに行こうと自由な生活なんて
優雅なものだと思われるかもしれない。
でも、今のような身寄りのない暮らしのやるせなさ、
一人で手漕ぎボートを漕がなければ沈んでしまうこわさ…
そう思っているのは私だけではなかった。

帰りに買ってもらったコンフィチュールのやさしい甘さにじーんときました…
スポンサーサイト

【2008/08/30 23:23】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。