上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日はおはなしの学校のクリスマスコンサート。
10・11月の授業を自分のクラスに出席していないので
久しぶりに会う人がいっぱい。
こちらを見て笑顔で「久しぶり!」と言ってくれるのが嬉しい。

はじめに、先生のおはなし。
お孫さんの誕生日にプレゼントを贈った。
その箱の中に‘楽しい気持ち’と書いたカードをつくり、
透明な袋を可愛く装飾し、その中に入れた。
お孫さんに‘楽しい気持ち’を届けたかったが
見た目には、ただの透明な袋に入った紙にすぎない。
プレゼントの箱を開けて‘楽しい気持ち’の紙を見たお孫さんは
その箱を持って、部屋中のあちらこちらでその箱を振り
部屋の中を‘楽しい気持ち’でいっぱいになるようにしていたという。
小学生のお孫さんに、先生の‘楽しい気持ち’がとてもよく伝わっている。
聴いている私たちにまで‘楽しい気持ち’が伝わり、
‘優しい気持ち’にもなった。

コンサートはマリンバ、語りと続いた。
語りでは、人間の心の闇に潜む局面を捉えていた。

「今年1年の‘哀しい気持ち’‘辛い気持ち’etc.を
 皆さんの心の中でまろやかに発酵させ、
 クリスマスを迎えましょう」
うろ覚えだが、このような先生の言葉でコンサートは幕を閉じた。

私の心の中は、クリスマスにはどんなになっているだろう……
スポンサーサイト

【2005/12/16 23:47】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。