上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おはなしの学校の春のコンサートに行った。

その一昨日先生から手紙が届いた。
それは、その前に頂いた手紙の返事がうまく書けずにいて
ひと月もたってようやく送った手紙に対する返信だった。
慈悲深くて泣けてきて…
最後にこうくくられていた。
「一本の獣道歩いて行って下さい。御一緒いたしましょう」

開演前に先生にお会いした。
「まぁ! 手紙をありがとうございます!」と言ってくださったが
私は胸が詰まって言葉にならなかった。

1部の楽器演奏のあと、2部の語りを聴いた。
物語は山間いに住む貧しい一家のおはなし。
約1時間、心の深いところに沁み込んできた。

終わって会場を出ても、ずっとやさしい風につつまれている、
そんな心地で帰宅した。
スポンサーサイト

【2007/05/24 23:50】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。