上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ数年思うこと。
クリスマス・イブばかり取り上げられ、
クリスマスが忘れられているような気がします。

Wikipediaによると…
クリスマス(英:Christmas, Xmas)とは、
イエス・キリストの降誕(誕生)を祝うキリスト教の記念日・祭日である。
「神様が人間として産まれてきてくださったこと」を祝うことが本質である。
12月25日がこれに当たるが、昔の暦では日没を一日の境目としているので
12月24日夕刻から朝までをクリスマス・イヴとして祝う。
イスラム教徒も、主要な預言者イエスの生誕として、クリスマスを祝う。
…だそうです。

2年前のこの頃、大きな地震と津波があり、世界中が悲しみに暮れました。
先日新聞で、津波を受けた土地が鮮やかな緑に蘇生した写真を見ました。
未だ復興は難しいものの、新しい息吹を感じます。

聖なる日、世界中が幸せに包まれますように。
Merry Christmas!
スポンサーサイト

【2006/12/25 21:13】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。