上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30日は買物デー。
昼食後、今年15kg痩せた夫のスーツを新調。
オーダースーツで激安のがあったので、3週間以上かけて縫製を依頼。

一旦家に帰った後、電車で数駅の超大型施設へ買物に。
1フロアでも端から端まで歩くだけで10分近くかかるので、
まずは手っ取り早く近くにあったカジュアルのショップへ。
ここで店員のお兄さんを捕まえて一言
「この人(夫)に似合う服を探してください!」

きゃ~、夜中に地震~(>_<) また震度3?

続きを……
店員さん「わかりました!」おぉ~心強い~
他でもない、私には彼に似合う服を選ぶセンスがないのだ。
そこで彼は着せ替え人形と化した。
試着室から「俺、リカちゃんになった気分」
そんなに可愛くないっちゅうねんっ!

何枚か試着した後、彼は言った。
「女にモテる服、ありますか?」
あるか~っ!とツッコミを入れようとすると、
さすが店員さん「ありますよ。こんなのは如何ですか?」
スエードのシャツで、上着のように羽織るものを持ってきた。
着せ替え人形に着せてみて「おぉ~いいねぇ~」
それに似合うマフラーや靴まで合わせて、9点お買い上げ~

その合間に、私はウィメンズのコーナーを見ていた。
さほど買うつもりはなかったのだが、
店員さんが「これにこれを合わせるといいですよ」
服を合わせるセンスがない私、その言葉に弱い^_^;
夫が決めたスエードのシャツの女性用コートも出てきた。
袖を通すと横で店員さんと夫がもみ手をしながら
「お客さま、お似合いですよ~」と2人で声を揃える。
旦那、いつから店員になったっちゅうねんっ!
そして、私が一番困っていた靴を探してもらい、
結局私も6点お買い上げ~

そして恐怖のお支払いは、10万円を軽く超えていた。
あぁ~、なんて大人買い!
決して高級店ではないのに。

会計を済ませ、店員さんが言った。
「この仕事を始めて、お客様が一番楽しい仕事でした!」
喜んでくれて何よりです(^_^)
スポンサーサイト

【2005/10/31 03:15】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。