上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先週アコースティックギターの体験レッスンに行き、
今日からはスクール開始です。

今一度、基本に戻ってやり直す。
すると、今まで自分が覚えていたコードの押さえ方と違うものがあります。
勿論、何弦の何フレットというのは同じ。
そうでないと音まで違うことになるから。
でもどの弦をどの指で押さえるかが少しずつ違うのです。
たとえば、Aの時は2フレットの4・3・2弦を押さえるけれど、
私は4・3・2弦を人指し指・中指・薬指の順。。
でも今日見た押さえ方は、中指・人差し指・薬指の順。
曲によってコード進行に続きやすい押さえ方でよいと思うけれど、
それでも固定観念が少しずつ解かれていく感じです。

アコギを自宅外で練習する最大の利点は、音響を気にせず弾けること!
自宅で、ピックで、思いっきりストロークしていたら
近所からの苦情間違いなしです。
しかも上の階は大家さんのお宅、退去命令が下されたときには…(^_^;)
だから家ではピックは使わず、ひたすら弦を押さえる左指の練習です。
これが後には左手の握力倍増につながるのです。
(高校のとき、本当にそうでした…)


明日はボーカルコース体験。

明後日・9日はおはなしの学校の発表。
今月のパネルシアターの課題。
マリアンヌ・モリアンヌ・コリアンヌ・シャロン・シャルルが
頭のなかでごちゃ混ぜになっています。
何のことかというと…
「ミッシェルの奥さんのマリアンヌが飼っている犬のシャロンの仲良しの
 猫のシャルルの友達のアヒルのモリアンヌの親戚のニワトリのコリアンヌ…」
まだ続くのですが…これをあまり切らずに語っていきます。
それで、頭の中がごちゃ混ぜ。

先月の語りの発表、リベンジします。
原稿暗記だけにならないよう、お話に命をふきこむ練習です。
でもまた発表で失敗して落ち込みそう…(汗)
スポンサーサイト

【2006/11/07 21:02】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。