上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

午後、講演会に出かけた。前半は語り、後半は講演。

近代、人間の尊厳を、子どもの目を通して描かれている。
語り手さんは桜の季節を、表情豊かに明るく語り始めた。
しかし私は、どうしてもその顔に視線がいってしまうのと、
方言のイントネーションに違和感を感じ、なかなか集中できない。
集中できないと尚更余計なことも考えてしまったり。
頭の中に情景が浮かばず中盤まで焦っていた。
地名も地形も殆ど知っていて、それでも浮かんでこないなんて。

ようやくその語り口に馴染んできた頃に終わってしまい残念…
スポンサーサイト

【2006/06/17 23:16】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。