上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

久しぶりに絵本の会に行った。1月以来の出席。
自分の知らない絵本の世界を知る、
なんて贅沢な時間なのだろうと思う。

なかなか出席できないときは、少し絵本から遠ざかっていた。
書店で絵本を手に取るのも辛い時さえあった。

子どもの頃にこんな絵本に出会っていたらと、今更ながらに思った。


絵本の会が終わり、主治医のところへ行った。
自分の診察よりも、家族の相談のため。
「なるべく時間をとるから、とにかく連れてこい!」
との返事だった。
「でも、おまえが随分元気になってきて良かった」
と言われるようになってきたことは嬉しかった。

会計を済ませた後、Cちゃんとばったり逢った。
ここ暫く会っていなかったから、久しぶり。
ココロが元気になれることを祈ってるよ、Cちゃん。

ところが…
帰宅途中、自分にまさかの発作。
最近は危ないと思えば家を出ないようにしているし、
外出中にはあまりなかったのに…
薬も1種類では効き目なし。
帰宅してすぐに主治医に指示を仰ぎ、あとは治まるのを祈るだけ。
一人でいるときにこういうことになるのはとても心細い。
しかし、一人で対処できる術を見につけなければ、
症状と付き合っていくこともできない。
自分と付き合う、症状とうまくやっていくようにならないとね!
スポンサーサイト

【2006/05/19 04:58】 | 日常
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。