上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕方、数年ぶりに昔の上司にメールした。
Oっち、今日誕生日だったよね~(^-^)
えっ? もう65才?(^-^;
定年後は毎年この頃に‘ワールドツアー’と称して
海外へゴルフに行かれていたので
今頃は日本にいないかな~と思いつつメールすると、すぐに返事が。
「喪中ハガキに書いてたことは、どういうことやねんっ?!
 詳細をメールよこせ!」
あっ! おめでとうが逆に心配させちゃった…(^^;
近況を返信すると
「また元気な(^0^)見せて!」と顔文字付で返事が。

とても面倒見の良い人で、私もとてもお世話になった。
何かにつけ難しく考えてしまう私に
「何でもええから、俺のところに持って来い!」と言って
常に助けてくれた上司だった。
パラの墜落で骨折して数ヶ月入院した時に
そのまま同じ部署で復帰できたのもOっちのおかげだと思っている。

そういえば、みんな何故かOっちのスキンヘッドを撫でてたけど、
私は逆に散髪をさせられたことがあったなぁ、仕事中に…

また会いにいきますね!
スポンサーサイト

【2008/01/31 23:11】 | 日常
トラックバック(0) |
朝、いつものように電車に乗った。
後の電車が遅れていて、時間調整をしていたので車内は少し混んでいた。
扉が閉まった途端に身体が震えはじめ、息が途切れはじめた。
最近あまりなかったのに…
次の駅に停まったところで一旦降りた。
念のため職場に電話して、遅れるかもしれないと話をした。
しばらくしゃがんでいたが、また電車に乗った。
息が苦しくて頭がふらつくので、周囲の人にぶつかること幾度。
まったく、迷惑な乗客だよね…
降車駅のホームでまた休憩、15分遅刻で出社。
上司には以前に電車でパニック症状を起こすことを話してあったので、
出社したときに謝ればわかってもらえるのはありがたい。
でも、なぜか私のところに(休)マークがついている…
「一旦電車から降りて休んでいます」とは言ったけれど、
「今日は仕事を休みます」とは言ってませんっ!

その後もずっと動悸が途切れず。

行ったら帰らねばならないもの。
また電車に乗るのか…と怯えつつ、
気分が悪くなったら、降りて休憩すればいいと帰りの電車に乗る。
案の定震えはじめたので、途中で降りてベンチで休憩。
しばらくしてまた電車に乗ったら、すぐに席が空いて座れたので、
そのまま最寄り駅まで眠って帰れた。

もともと‘テッチャン’なので、電車が嫌いなわけではない。
車両について語らせたら、オタクなことを話せるかもしれない。
ただ、あの閉鎖的な空間がこわくてたまらない。
電車内で挙動不審になりはじめたのはいつからだろう…

【2008/01/30 22:11】 | 日常
トラックバック(0) |
昼頃、近所のカフェに行きました。
まっ白な富士山を見ながら、屋外で日向ぼっこ。
日焼けや紫外線を気にせず、ぼぉっと日を浴びる。
少しは気にしろって(^-^;

夕方、S夫妻がお土産を届けに来てくれました。
お疲れのところ、ありがとね!
その後、すぐにほおばる私(^-^;

年末に届いたものの、全く手をつけていなかった資格講座のテキスト。
今日、ようやく見はじめました。
全然頭に入ってきません。
来週末にはスクーリングがっ(汗)
それまでに一通りは目を通しておこうと思っても、到底間に合わないっ!
試験を受ける日は来るのかっ?
あ~既に挫折したくなってきた~(#/__)/

【2008/01/27 23:31】 | 日常
トラックバック(0) |
何も予定がない連休、
きっとこれは縮毛矯正に行っておいでというお告げ?

休日だというのに私にしては珍しく午前に予約を入れたら、
案の定寝過ごして遅刻30分。
施術に長時間かかることがわかっているから大目に見てくれたのだろう。

トリートメントが終わったところで1時間半、
アイロンで髪を伸ばしてもらっている間ずっと爆睡し続け、
カットまで終わったら延べ4時間半。
すでに西日が差している。
私の休日の日中はここで終わったなぁ~!

前回初めて酸性の縮毛矯正をしてもらった。
アルカリ性に比べて手触り、髪質、矯正の持ちが良い。
唯一、匂いが…パーマ液の匂いが茶豆をゆでたような匂いがする。
初めてのときは驚いたが、今日は覚悟?していたのでダイジョウブ。

帰りにケーキを買って帰った。
20日からは遠くなったが、アル中さんはよくやっている、
お誕生日あやかり?ケーキ。
「あれ? ケーキ? どうしたの?」
「えっ?(^-^;」
おおよそ皆こんな感じらしい。
一人暮らしにケーキを買って帰るのがとてもさびしいので
いつも見て通り過ぎるだけなのだけど、
今日はここぞとばかりにあやかりましたっ(爆)

【2008/01/26 22:44】 | 日常
トラックバック(0) |
「むかしむかし、あるところに…」
ぶつぶつ…ぶつぶつ…
この数ヶ月、他に読みたいものがあっても手持ちは昔話のコピーのみ。
今日のおはなしの学校で語りの題材に選んだ昔話だった。
ばぁさまがいい味を出していて明るい話だったので、
数話の中では長編のこの話を選んだ。

仕事帰りの教諭が集まる夜のコースは、発表も自己申告。
それでも申告してやり始めた。
しかし、すぐに頭の中がまっ白になった。
仕事中もつらつら頭の中に流れてたことばは何も浮かばなくなった。
先生と受講者がこちらを見ているが、
次のことばが出てこず、無音の時が過ぎる。
この‘間’が逃げ出したくなるくらい辛い。
多分、聴いてくれていた方も辛かっただろうと思う。
ストーリーはわかっているのに、何も思い出せなくなる。
先生がたすけ舟を出してくれて、少しずつ話は進んだ。

先生もよくこんな発表に講評をつけてくれたと思う。
その中から良かったところを見つけて褒めてくれるのは、
発表自体が良くなかったから。
改善するところは指摘してくれたけれど。

本番は魔物。
人前であがっても普段どおりにストーリーが進むようになるには、
それ以上の練習以外にない。
本当に練習不足でした。

【2008/01/22 23:55】 | 日常
トラックバック(0) |
週末あれこれ。

土曜日、起きたら11時前。
主治医に「2時ごろ行ってもいい~?」と電話すると
「もっと早く来い!」と怒鳴られ、そそくさと病院へ。
ようやく救急用の紹介状を書いてもらう。提出先は未定。

その後旧宅へ、郵便物を取りに行く。
転居を知らせていない年賀状…どうしよう~(^-^;

たい焼きを土産にYさんの店に行き、
お茶を入れてもらい、2時間くらいまったりする。
いつも何も買わずに居座ってすいませ~ん(^-^;


日曜日、起きたら3時…(^-^;
お腹の調子が良くなった途端に大食いに戻る。
ずっと家にいるのを良いことに、ずっと食べ続ける。

火曜日にはおはなしの発表が4つも!
今日はいくつか練習をしたけれど、
まともにできているものが一つもないような気がする。
毎日昼休みに語りの暗唱をしていたのは何だったのか…(^-^;

【2008/01/20 23:47】 | 日常
トラックバック(0) |
昨夜、
「明日は早く起きて、震災のあの時間に黙祷しよう」
と思っていたのに、目が覚めたら6時すぎ…
あれから13年。
少し遅れたけれど、床の中で手を合わせた。

神戸っ子の同期Yちゃんはよくこう言っていた。
「気温が高い日が続くと、よう揺れよぉねん」
冬だというのに、平年より気温が高い日が続くと
地殻変動を起こすのだと彼女は言った。
あの時もあたたかく、数日前から地震が続いていて、
こわいなぁ…と思っていたら、あの震災がきたと。
一時家には住めなかったが、Yちゃんも、彼女のばあちゃんも無事でよかった。

とてつもなく長く感じた初めの40秒の揺れ、
山が鏡に映っているようにギラギラと光った閃光…
もう二度と遭いたくないが、風化させてはならないとも思う。

【2008/01/17 23:01】 | 日常
トラックバック(0) |
夕方、朗読の会に行く。
1月は多忙なのか参加者は少なく、たったの5人。

本当は、明日が阪神の震災の日なのでそれに関する本を探していたが、
あまりにも震災に関する蔵書が少ないので諦めたのだった。

新年1回目に私が持参した作品は
とまり木をください」 松谷みよ子 著

「だれでもきっと、心の奥に沼を持っているだろうと思います」
あとがきにこう書かれている。
ひとことで言ってしまえば、とても暗い。
児童書のコーナーでこの詩集を見つけて、
心の深いところを抉り取られるような感じがした。
それでも、最後には自力で這い上がり生きていこうとする強さがある。
決して倒れて終わることはない。
今の私に足りないものは、まさしくこの強さ。
這い上がっていかなきゃね。

【2008/01/16 23:37】 | 日常
トラックバック(0) |
相変わらずの流動食生活から何とか抜け出したいけれど、
まだ米飯は難しいので、帰りにパン屋に寄った。
これで何とか夕飯らしき食べ方ができればいいなぁ…
すぐに食べられるようにカットも頼んだ。
普段は高いからと眺めるだけで通り過ぎる店、
これは私にとっては大人買いかも?

ところが…買ってすぐに置き忘れ、気がついたのはなんと1時間半後。
職場を出てすぐに買ったので戻ることもできず、
置き忘れた目星を立てて電話したら「お預かりしています」と返事が。
「すみません。処分してください…」とお願いした。ぐっすん。

食べると即腹痛なので、食べたくても食べられない状態。
食べられないと体重が減るだけでなく、
頭はぼーっとするし、新陳代謝が下がり身体が冷える。
ぼーっとしているから忘れ物もしたのだろう。
やはり、大口あけてガブッとかぶりついているのが
自分には似合っているのだと思う。

【2008/01/15 23:00】 | 日常
トラックバック(0) |
ここ1週間、あまり食べられず眠られず…の日々を過ごしていたら
この週末にきてお腹をくだしてどうにもこうにも動けず丸2日、まだ治らず。
きっと、私と外出したことのある方々は一度は出くわしているはず。
「ごめーん…お腹痛くて生あくび止まらなくなってきた…トイレ…」
と言って消えてしまう、アレです。
生あくびが止まらない状態というのは、実は腹痛を我慢し続けているとき。
それを越えると意識が朦朧として、真っ直ぐ歩けなくなります。
これが私の‘過敏性腸症候群(IBS)’
生まれてからずっとこんななので、このお腹と一生付き合っていくしかないんだなぁ…

関東に転居してすぐにIBSの症状がひどくなり
近所への買物もままならなくなりました。
どうしてって?
常に、人の話し言葉(方言?)が気になって仕方がなかったから。
そのときに比べると、症状は随分やわらいできたんだなぁ…と思います。

こんなときに一人でいるのが如何に不安かと痛感した週末です。
明日が祝日で休みでヨカッタ…

【2008/01/13 22:08】 | 日常
トラックバック(0) |
毎月、Hさんより絵本の会の案内を頂く。
転居した私にも欠かさず送ってくださり、
平日なのでなかなか参加はできないが、それでも嬉しい。

昨日、Hさんからメールが届いた。
急遽、今日、神沢利子展に行くことになり、その参加者募集だった。
会場案内を見てびっくり!
こんな近くで開催されていたなんて…会期は13日まで。
「ご一緒できないのは残念ですが、一人ででも行ってきます」と返事をした。

結局、夕方仕事帰りに寄った。
会場の外からウーフがいっぱい。かわいい~(^-^)
会場内は時代ごとに展示がなされていてもりだくさん。
うまく説明できないけれど、ジオラマがすごかった。
ずっと見ていたいけれど、時間が足りないので次々と見ていった。

絵本の原画はなんてきれいなんだろうと思う。
印刷されて絵本になると、どうしてもそのままがうつしだされなくて残念に思うことがある。
原画がとても多く展示されていて、すいこまれそうだった。
結局閉館までいたが、じっくりと全部見ることはできなかった。

帰りにHさんに「行ってきました!」とメールをすると、
Hさんたちが行っていた時に神沢先生がお見えになっていたとか。
まぁ! お目にかかれたなんて素敵!

あとは図録でおさらいしよう…

【2008/01/11 23:06】 | 日常
トラックバック(0) |

管理人のみ閲覧できます
-


コメントを閉じる▲
年が明けて1週間も経つのに何も更新されていないって?
ゴメンナサイ。

元旦に生まれて初めて見たもの、町内会の家々を一軒ずつまわる獅子舞。
笛・太鼓・鉦つきです。
このような風習が受け継がれてゆくのは素晴らしいことですね。
箱根の駅伝を見ながらみかんを食べる、こんな冬休みは久しぶりでした。

4日から出勤。
振袖の女性社員がとてもきれいでした。
「今年もよろしく…」と挨拶をしながら「まぁ~素敵…」とうっとりしてしまいました。
聞くと4時起きで5時に髪のセットに行ったとか。
美しさの陰には努力あり、ですね。

7日、電車の乗客が急激に増えていてビックリ!
6日までお休みの方が多かったんですね。
更に学校が始まると学生さんが増えることでしょう。
新年、始動です。

旧宅に連名で届いた年賀状がスキャンされてメールで届きました。
さて…どのように返事すればいいんでしょう…(^-^;

【2008/01/07 23:05】 | 日常
トラックバック(0) |
今年もよろしくお願いします。

…と書きながら前日の話に。
31日午後から、旧宅にプラスチックの棚を取りに行くためにS夫妻に手伝ってもらいました。
手伝ってもらったというよりも、車で連れってもらい運んでもらったという、
まさにおんぶにだっこ状態。
しかも時は大晦日、こんなことが許されるのかっ?
「1日は休みだから、その前日なら遅くてもいいよ」
というありがたーいお言葉に甘えさせてもらいました。

Hちゃんのバイト先に近い駅に行きました。
「ごめんね~ こんな田舎まで…」とメールが。
途中で乗換えた駅はきれいな駅ナカまであるのに、田舎?
しかーし、ホームに停まっていた電車は乗客が乗っているのにドアが閉まっていて、
最初はどうやって乗ったらいいのかわからない…
偶然他の乗客が来たので、その人の後について行ってドアを開けたところに一緒に乗り
そのあと閉めてもらいました。
寒冷地の電車は、こうして乗るんだ…
これは確かに田舎に行くのかも…失礼!(^-^;
降りる駅で電車を降りたときもドアを開けっ放しで行きかけて、
他の人がドアを閉めてくれました。
そのあと2人に合流。

最初の寄り道、マックカフェ。
店の前は通ったことがあるけれど満席であきらめたことがあったかな。
パーキングに車を入れるのに右往左往してしまいました。
職場近くで毎日通っているなら、もっとマシなナビをしろって?
それはムリなんだなぁ~!
何故って、私がナビになったら
「…今の交差点を右でした。転回してください」というアナウンスを繰り返すはず…(^-^;
何とかパーキングに車を停め、カフェ初体験。

都心の道はとても空いていた。
車が少ないと普段より緑が多く思えるのは何故?

次の寄り道、幸ちゃんの酒屋さん。
「あっ、ここ、そういえば…」と私がふと思い出して言ったとたん、
既に車は路地に曲がっていた。早っ!
それから程なく店に。
「昔は店を夜11時くらいまで開けていたんだけどねぇ…」とお姉さんが言った。
それでも9時半まで、大晦日も夜遅くまでおつかれさまです。

そのあと旧宅へ。
家具がかなり減った家の中はがらーんとしていた。
それにしても…
大晦日の夜に、最近見かけない嫁がゴソゴソと荷物を運ぶさまはまるで夜逃げ?

旧宅を出て、今の家に向かう。
途中、日比谷公園のイルミネーションが見えた。
この日で最終日のイベントをやっていたので寄り道。
あまりの寒さに豚汁が美味しかったこと!

そのあと、渋谷界隈を通った。確か10時すぎだったと思う。
既に明治神宮には参拝客がたくさんいるし、
代々木体育館前にはあゆのファンがたくさんいるし、
NHK周辺には紅白の出待ち?の人がたくさんいた。

そのあと私の家に。すでに11時半すぎ。
数日前メールで「のんびり紅白見て、年越しそば食べて、こたつでみかん…」
がいいなぁ…とKちゃんが書いていて、
「こたつはないから持ってきて~!」と冗談のつもりで返事をしていたら…
本当にこたつ持参!
もう、びっくり(@_@;)
家に着くなりこたつができて、電気を入れてすぐにぬくぬく(^-^)
年越しそばの準備中にカウントダウンが始まり、年越しを迎えた。
Hちゃんが、お母さんが作った煮物を持ってきてくれた。
久しぶりの家庭の味がするなぁ…
こたつでおそばと煮物を食べたあとはみかん。
こたつでみかん、何年ぶりだろう…
のんびり日本のお正月って感じがするなぁ…
そのあと、こたつはそのまま貸してくれた。

おかげで楽しい年越しになったよ。ありがとう!

【2008/01/01 23:25】 | 日常
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。