上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

前日2時に帰宅したというのに、今日は横浜のアルコン。
遊びすぎ? スミマセン…((((((^_^;)

鉄道が便利になると、遠いところにとても早く着くことができる。
今日は湘南新宿ラインやみなとみらい線を乗り継ぎ、
なんと職場から55分で会場に到着。
それでも席について2分でSEが鳴り始めたのでやはりギリギリ。

ステージ上が透明になっていて、暗くして小さなライトをたくさん点けると
星の中に浮かんでいるように見える。
とてもきれいだった。
前の席ではわからない、後ろの席の楽しみかも?
久しぶりのdoubt!にびっくり。

帰りは4人で駅に向かった。
着付け教室で一緒だったとか、医療事務講座で一緒だったとか、
そこで同じアル中と知り合うことが不思議で面白い。
アコギで弾くのになるべく簡単な曲を教えたり、
初対面や2度目とは思えないくらい話をした。
「次は武道館で!」と言いながらそれぞれの帰路についた。

ビルの合間からみなとみらいとマリンタワーを望む。
20071203010910

20071203011404
スポンサーサイト

【2007/11/29 00:16】 | 日常
トラックバック(0) |
私のところには届かなかった今年のクリ約の入場券。
必ず当選して‘YES-YES-YES’のサビをカッコよく言ってみせる!
…と決めていたけれど、月曜まで待っても届かなかった。
外れた…と思っていたら、Yさんからご主人が行けなくなったからとお誘いが!
なんと2年続けてお誘いを頂きました。
本当にありがとうございます。

会社を早退して京葉線に乗りYさんにメールを送ると、
偶然同じ電車に乗っていて車内で1年ぶりの再会。
体調不良で心配をかけたけれど、今の私を見て少しは安心してくれただろうか?

20071203001415

会場の広いイベントホールを約半分暗幕で遮り、座席は799席。
ステージから客席に歌が届く広さという意向だとか。
後方右端だがとても近く急に緊張…
19時から前説のあと収録が始まった。
12/25放映、内容はそちらで。

私の中では、収録ということがすっかり頭から消えていたのだと思う。
ずっと聴き入っていて、何度か涙が流れて、
スタンディングの時は後方なのを良いことにはしゃいでいた。
小田さんが伴奏なく歌いはじめると、それだけで泣けてきた。
Yさんはそのボーカルを「圧倒的にうまい!」と言い、
オフコース時代の1曲でずっと泣いていた。
少し年上の彼女にとってオフコース全盛の頃だったのだと聞いた。

収録が終わったのは23:10頃。
ゆっくり歩いて会場を後にする人は殆どいなかった。
皆、終電が迫っていたのだろう。
収録開始前に届いた2通のメールにこう書いてあった。
「帰りは心配しないで、最後まで観るんだぞ~。」
「何とかしてあげるから。神様に頼んでおくから。」
もしかしてっ? こんな遠いところまで迎えに来てくれるの?
しかも、私一人だけ声をかけてもらって参加できて、
2人ともきっと残念な思いをしているだろうに、
こんな遅い時間に私のために来てくれるなんて!
発車寸前の電車に何とか乗れてYさんは終電に間に合うというので、
私だけ途中駅で降り、車に乗った。
「小田さんの一言一句、全部話してねっ!」のつもりだったけれど、
曲目は全て控えてきたが何から話したらいいのかうまく話せない。
私って、人に‘伝える’ことがこんなに下手だなんて!
私の家の前に着いたのが深夜2時すぎ。
ここから更にかかるのに…遅くまでごめんね。
後で思い出したのは、小田さんが
「今日参加できなかった奴らにに小田さんが会いたがってたって言っといてくれよっ!
 ツアーにきてくれよなって!」
のようなことを言ってたのを言い忘れたこと。

Yさん、S夫妻、
私の‘クリ約の呪い’は少し拭えたのかもしれません。
本当にどうもありがとう。

【2007/11/28 23:51】 | 日常
トラックバック(0) |
19日、実家から喪中葉書が届いた。
今月祖母が逝去したことを知らせる葉書だった。

知らせを聞いて母の郷里まで行きたいけれど
一人で行くのは難しいだろうと思い、
亡くなった祖母は私の夫のことを気に入っていたので、
別居中だけど、一緒に行ってほしいと頼んだ。
夫は予定を考えて切符・レンタカーの手配をしてくれた。

6:40に家を出て、8時すぎの新幹線に乗った。
京都で在来線に、奈良でレンタカーに乗り郷里を目指す。
紅葉の名所近くで渋滞にあったが何とか14時頃到着。
家を出てから7時間以上が過ぎていた。

祭壇には、百才の記念に写した遺影。
でもずっと若く見える。
その横に遺骨。
小さくなってしまったんだなぁ…

看取った人たちも気付かないくらいに
安らかに往ったらしい。
その後自宅に帰って布団に寝かせたら
いつも通りに眠っているみたいで寂しさもなく、
おばも従兄もいつも通りに寝たという。
なんて祖母らしい…

田舎でのんびり生涯を過ごした祖母は
信心深く、欲の無い人だった。

おばぁちゃん、あの世で先に往ったみんなに逢うたかな?
20071128231306

【2007/11/25 23:39】 | 日常
トラックバック(0) |
今年のボジョレーの会。
ビオワイン2本とそれに合う料理の美味しい会です。

ワインを冷やして、
冷やしたサラダを使っておけば
メインの品々を持ってきてもらえる、
楽して美味しいものを頂けるなんてシアワセ~!
ビーフシチュー、ロールキャベツとカナッペ、
美味しかった~(^.^)

1本目のワインが空き、2本目を開けたところで1名爆睡。
おぉ~~~い(汗)
まだ半分残っているし、
その間にお風呂を済ませて寝る準備をして、
爆睡人を叩き起こして(?)2次会開始。
3時、また1人とろ~んと眠りに…
ワインはまだ残っていたので3次会に。
4時、就寝…       タノシカッタ。オヤスミ…

【2007/11/24 12:58】 | 日常
トラックバック(0) |
昼休みのわずかな時間に、公園の紅葉を観に行きました。
街中でもこんな風景が見られるのはウレシイ…
20071121122003

【2007/11/20 18:17】 | 日常
トラックバック(0) |
夕方、仕事帰りに駅に行くと電車が止まっていた。
どうやら人身事故があったらしい。
それで、いつもの電車と平行して走る電車に乗ると、
私の前にカタコト日本語のアジア系の女性と友人らしき日本人の女性がいた。
満員電車に驚いている様子。
「ナニガアッタ?」と言いながら私と目が合ったので、
「(西の方の駅で)人身事故があったよ」と言った。
アジア系の女性にはその言葉の響きが面白かったようで、
「Chin-chin-chiko,Chin-chin-chiko! ソレ、ナニ?」と尋ねられた。
事の重さにどう説明すればよいか迷っていると、
友人らしき女性が彼女に説明をしてくれた。
それで彼女は事情を理解して静かになった。
命の儚さと重さかな。

【2007/11/19 23:45】 | 日常
トラックバック(0) |
晴天の休日、昼過ぎから近所散策。

駅近くの庭園に紅葉(もみじ)を観に行くも、まだまだ青葉。
入口の掲示板を見るとまだ2週間後くらいが見頃とか。
でも、蕗(つわぶき)が黄色の花を咲かせていてそろそろ見頃。
蕗を見ると静岡の1回目の療養を思い出す。
「病院の敷地内につわぶきってぇ花が咲いてるから写真撮って来い!」
というオヤジ(先生)の指令で探したのがはじまり。
ナツカシイ…
20071120004409



その後、スーパーに買い出しに行く。
家に車がない生活に戻ったので、買い物をしては家に置きに帰り、また買いに行く。
足で稼ぐとはこのこと?
夕方からは北風が強く、手がかじかんできた。
冬本番になる前に買い溜めしておかないと凍えそう。
冬眠前の動物たちが餌を蓄える気持ちが少しわかったような…?

【2007/11/18 23:40】 | 日常
トラックバック(0) |
今朝、とうとうやってしまいました。
何をって?
寝過ごして会社を遅刻(・_・;)
しかも1時間も(・_・;)

目が覚めた時、時計をみて…(○_○;)
既にいつもなら家を出ている時間o(;・。・;)o
もはや焦ってもどうにもならないので、
職場に電話して、正直に話して謝ってから
段取りをお願いしておきました。

それで、実際に着いてみると…
気分が悪くなり途中で休んでいたことになっていました。
‘こいつは弱い!’の烙印が押されているっ(;゜゜)それも問題だなぁ…(--;

【2007/11/15 19:30】 | 日常
トラックバック(0) |
11月、気がつくと半月も更新をサボってしまいました。
2週間分、徒然なるままに…

1日、朝、携帯の占いにはこんな言葉が。
「壁乗り越える気持ちで! 学ぶチャンスに」
学ぶのか…夕方はアルコン。

ところが、その日のMCはこれと全く同じことが語られた。
壁を乗り越える気持ち、やはり大切なことだった。

3日、風邪っぽい?のでほぼ何もせず。

4日、「IKEAに行くけど…」おおぉ、神の声が聞こえる~!
お願いして無理やり連れてってもらい、一人では絶対運べない買い物。

5日、あぁ~7日の仙台行きのチケットは抽選に外れたのね~と思いつつ
夕飯を火にかけながらのほほんとしているとメールが。
…えぇ~~~っ?!
今年のクリ約の観覧募集が始まってて、しかも7日必着?!
夜、コンビニに葉書を買いに行き、
夜中と、6日の昼休みと終業後に応募葉書を書く。
それでもたったの6枚。

6日の夜はみゆきさんのライブに。
わかってはいるのだけど、
私はこんなに未防備でいいのかと思うくらいに圧倒され、
箱ティッシュが欲しくなるくらいにハナゆるゆる。
「おなじ時代に生まれてくれて ありがとう」
このことば、たしかに持って帰りましたよ。

9日、終業後、千葉に先生の語りを聴きに行く。
大変失礼ではございますが…
前半の音楽のとき、私の前に偶然大きなバーコード頭が3つ並んでいて、
これでは語りを聴くのに身が入らないので席替え、スッキリ!

武家の嫁となった主人公に、だんだん心を沿わせていく。
最後に「強くならねば」と固く心に誓うさまに、こみあげるものを感じた。

帰り、なんと2度目のクリ約募集があると知る。
なにぃ~~~!?

10日午後、冬支度。
冬服に入れ替え、電気ストーブとホットカーペットを出す。
新居に置くと、カーペットはこんなに汚れていたのかとびっくり。

夜、狂ったような私を心配して見に来てくれた3人、どうもありがとう。

12日、昼休みに必死にクリ約2回目の葉書書きをする。

13日、1週間ぶりにPCを発掘する。
いろんなものの下敷きになっていたので、まさに発掘。

…というわけで、今これを書いています。

【2007/11/14 03:04】 | 日常
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。